HOME海の紫外線海へ行くための準備サイトマップ

紫外線の働き

紫外線は、お布団を干すことでもわかるように、殺菌、消毒の作用があります。また、紫外線に当たることにより皮膚でビタミンDを生成することができるので、健康には必要なものだと言われていました。
しかし、最近の研究においでは、ビタミンDの摂取は食事からでも十分に必要量が摂取できるという説もあります。 このように言うと紫外線がなくても健康には問題ないと考える人がいるかもしれません。しかし逆に考えれば、紫外線を避ける人にとってバランスの取れた食生活は必須だと言えます。

病気の予防

仮に紫外線に当たらずにビタミンDが欠乏してしまった場合、骨軟化症を生じさせ、骨の痛みや、体重増加時には骨折などの症状を生じさせる可能性があります。 他にも、皮膚の疾患の治療において、紫外線が利用されることがあり、ある一定の波長の紫外線を照射することにより患部を改善することを目的としています。