HOME海の紫外線海へ行くための準備サイトマップ

紫外線と目の病気

紫外線による肌の日焼けを気にしている人は多く、日焼け止めを塗ったり、日傘をさす人は増えていますが、紫外線による目への影響を気にしている人は少ないですよね。 オフィス街では、ビルや路面での反射によって、目はあらゆる角度から有害な紫外線を浴びている恐れのあるという結果も出ており、紫外線対策が必要になっています。

病気の種類

【白内障】
水晶体のたんぱく質が変性し、次第ににごってくる目の病気です。病気が進行すると、物がぼやけて見えづらくなるなどの症状が表れます。 白内障の原因は様々ですが、紫外線などの有害光線も病気を引き起こす要因の一つと言われています。

【翼状片】
白目の組織の細胞が異常に増殖して黒目に食い込んでしまって起こる目の病気です。 白目と黒目の境界が紫外線で傷つき、その防御反応や修復の過程で起こると考えられています。 初期症状では充血や異物感、ドライアイ、眼精疲労などがあらわれます。 通常、鼻側の眼球結膜から角膜頂点に向かって、三角形の血管を伴った増殖組織が伸びてくるものです。太い血管を伴っているので、常に目が充血しているように見えます。