HOME海の紫外線海へ行くための準備サイトマップ

日焼けアフターケア

日焼けしないように注意を払っていても、しかたなく日焼けしてしまったということもあると思います。 そのような時でも、アフターケアさえしっかりしていれば肌は回復してきます。日焼けしてしまったことを嘆いて諦めずに、しっかりとフォローしましょう。


まず冷やす

程度にもよりますが、日焼けはやけどと同じと考えて、まず冷やす事が肝心です。炎症を起こしてしまっている場合は、放って置くと水ぶくれができる場合もありますので、濡れタオルや冷水シャワーで、ほてりを鎮めることが大切です。

保湿を完璧にする

紫外線にあたると皮膚は角質を厚くして肌を守ろうとします。日焼け後、肌がごわごわしてかさついたり、かゆくなったりします。角質が急に厚くなると、角質の中の保湿成分が不足し乾燥してしまうのです。そうなる前に、炎症を抑える成分を配合しているローションでしっかりこまめに保湿しましょう。

水分とビタミンをたっぷり摂る

紫外線を浴びた肌は、メラニン色素の生成が活発化するのでシミやソバカスが心配です。メラニン色素の生成には、活性酸素が大きく関与しますので、活性酸素除去率の高いもので、さらにフレッシュなビタミンCがたっぷり配合しているものを摂取しましょう。

皮がめくれてきたら

日焼け後に皮膚が浮き、めくれてくることがあるが、無理には剥がさないようにする。自然に剥がれてきたら薬品やクリームなどで、皮膚の手入れを行う。日焼けの後のケアを継続することで、沈着しているメラニン色素は新陳代謝により垢となって剥がれ落ち、日焼けによるシミやソバカスは徐々に薄くなり、やがて消えることになります。