HOME海の紫外線海へ行くための準備サイトマップ

サングラス

サングラス

サングラスは日焼け対策グッズとしては重要なアイテムですが、外国に比べると日本人にはあまり浸透していないようです。 紫外線から目を守ることは目元のシミ・ソバカスやシワ・タルミなども防ぎますので、できる限りかけた方がよいでしょう。
しかし、サングラスなら何でもいいというわけではありません。サングラスにも紫外線をカットするものとそうでないものがあります。 サングラスの色の濃さは紫外線透過率と関係ありませんので、購入するときは注意しましょう。

オークリー サングラス

サイズ選び

紫外線対策としてサングラスを考えた場合、なるべく面積が広いものが効果的です。面積が小さいものの場合、側面や上下からの紫外線からは無防備になってしまいます。 顔の形に沿って湾曲しているタイプのサングラスも側面をカバーしてくれます。しかし、欧米人と比べると日本人はそれほど鼻が高くないので、人によっては湾曲しているタイプがかけられない人もいます。 そのような場合でも、自分の顔のサイズ、形に合ったサングラスは見つかりますので、お店の人に相談してみるとよいでしょう。

レンズの色選び

レンズの色は目的や天候によって視界の見えやすさに影響するので、シーンに合った色を使いわけると便利です。 アウトドアで使用する時は、ブラウン、アンバー系のサングラスをかけることでまぶしさが抑えられます。逆に曇りなどの、空は暗いが紫外線は強い時はイエローやグリーンなどの明るめの色を選ぶとよいです。 普段の生活では、グレイ、ブルー系を選ぶことで、ナチュラルな視界のままサングラスをかけられます。
その時の場面に合わせて上手に選びましょう。