HOME海の紫外線海へ行くための準備サイトマップ

海の紫外線

ビーチ

一般に海では、通常の生活よりも多くの紫外線を浴びてしまいます。海で遊ぶ時に水着を着ていつもより肌を露出させているから・・・だけではないのです。 海の水が紫外線を反射することによって上からも下からも紫外線を浴びているからなのです。雪山でもこれと同じ現象で日焼けをしますね。
また、もちろん夏ですので単純に太陽光が強いということもあります。海へ遊びに行くときにはいつもより念入りな紫外線対策が必要ということです。 普段は顔のシミ・ソバカスばかりに気を使っていても、海へ出れば普段衣服で隠れている部分もシミ・ソバカスの危険にさらされることになります。

水中でも油断は禁物

浜辺では肌にじりじりと太陽の光を浴びて、肌が日焼けしていくことにも気をつけなければという気分になります。砂浜を素足で歩けずビーチサンダルを履いていても、今度は逆に足の甲の暑さが痛いくらいです。
このように熱さや痛みを感じているときは日焼けに対して気をつけようという意識も持つのですが、危険なのは熱さを感じないときに油断してしますことです。それが水中です。
水中では水の冷たさのせいでついつい紫外線の強さを忘れてしまいます。もしくは水中にいるから紫外線を防いでいると勘違いしている人もいるかも知れません。水中でも70〜80%の紫外線が透過しています。 そして、水を浴びることで日焼け止めがだんだん落ちてくることにも気をつけましょう。海での日焼け止めは何度も塗りなおすことが基本です。